日々感じたことを綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪だるまのことを書いてから1ヶ月。今日は春の陽気だ。

もうすぐ卒業式を迎える大学生の息子が電話してきた。付き合っている彼女に料理を作るから家に食べに来ないかと誘われたらしい。彼女は大学の後輩で自宅通学だという。

「それって、両親に紹介するってことじゃないの?」
「まあ」
「へ~。かわいい娘がどんな相手と付き合っているか心配なんじゃろう、行ってくれば?」
「それが、あっち、すごいんよ」

もしかして、大富豪の娘なのか。
もしかして、お屋敷に住んでいるのか。
私は広い庭と大豪邸を想像した。

「どこがすごいん?」
「母親が○○の先生で、父親が○○会社に勤務」
「なーんだ、そんなこと。負けてないじゃん」

愛情かけ、どこに出しても恥ずかしくない息子に育ててきたはず。
自信を持って行っておいで。

手土産を忘れずに。

【2014/03/17 15:34】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。