日々感じたことを綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセーの本

新聞友達でありエッセー同好会の仲間である、tatu_no_koさん。新聞の投稿欄にエッセーを投稿し続け、先日掲載数が100編となった。その1つの区切りとして、本を出版された。

さっそく、本屋に寄ってみる。私の方がドキドキ。あった!手作りの栞が挟んである。紐が3色あったので、私は紺色を選んだ。

100編ある中で、一番思い出深いエッセーは、最初のページに載っている「彼岸花のころ」(2006.9.29毎日新聞「はがき随筆」掲載)。

私がまだ、tatu_no_koさんを知らない頃、勤めていた会社で読んだ。企業の担当者として就職試験の不採用を高校に告げに行ったときの気持ちを綴ったもので、胸がキュンとなったことを覚えている。

あれから6年半、書き続けてきたからこそ形になった。手にした私も感慨深い。

【2013/04/01 12:36】 | 日記
トラックバック(0) |

有難うございます
tatu_no_ko
自己満本の紹介、有難うございました。
平積みの写真、驚きました、
感想はいつかお聞かせてください。

tatu_no_koさんへ
わたし歩記
改めて、おめでとうございます。本屋で見つけたときには胸が熱くなる感じでした。
エッセーのそばに写真や記事が入っていて編集するのは大変だったろうと思いました。丁寧にできていて読みやすいです。
エッセーを1つ1つ読みながら、あのとき自分がどう思ったかを思い出しました。「トウモロコシ」には私も登場しています。思い出が重なるものがいっぱいです。
今度お会いしたとき、もっといろいろ感想を言わせてくださいね!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
有難うございます
自己満本の紹介、有難うございました。
平積みの写真、驚きました、
感想はいつかお聞かせてください。
2013/04/02(Tue) 20:28 | URL  | tatu_no_ko #O.5kOurQ[ 編集]
tatu_no_koさんへ
改めて、おめでとうございます。本屋で見つけたときには胸が熱くなる感じでした。
エッセーのそばに写真や記事が入っていて編集するのは大変だったろうと思いました。丁寧にできていて読みやすいです。
エッセーを1つ1つ読みながら、あのとき自分がどう思ったかを思い出しました。「トウモロコシ」には私も登場しています。思い出が重なるものがいっぱいです。
今度お会いしたとき、もっといろいろ感想を言わせてくださいね!
2013/04/03(Wed) 00:45 | URL  | わたし歩記 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。